印鑑で自己顕示欲を満たす

印鑑イメージ

人と同じものを持つのがなんだか嫌!っていう場合もありますよね。
私はまさしくそれで、人と同じものを持つことは、没個性にしかならないような気がしています。
人と違うものを持つことで、自己顕示欲を満たしているのかもしれません。
印鑑でもその傾向が顕著でして、変わった材質にはやはり惹かれました。

そこで、一番変わっているであろう材質をご紹介します。
京都の朱竹印というものなのですが、これは本当に変わっていますよ。
別名竹根印とも呼ばれていて、材質はまさしく字のごとく竹です。
しかも竹の形そのまま、自然のままで印鑑になっているのです。
これは本当に珍しく、京都ならではの一品であると思います。
ちゃんと銀行印としての使用が出来るのも、また魅力ですよね。
面白い印鑑を持っていても、やはり普通に使えるということも重要だと思うのです。

まちょっと違いますが、最近は天然石を材質として用いるようになったようです。
パワーストーンともいいますね。
人の運気にも関わってくるのがこのパワーストーン。
自分の分身である印鑑に用いることで、運気がよくなったりすると言われています。
パワーストーンそれぞれの種類で持っている効力が違うので、自分の運気を補うように選ぶといいかもしれません。
また、銀行印として使用する印鑑に、このパワーストーンを使用するなら、金運に影響するパワーストーンを使うのもいいかもしれませんね。
残りの人生、お金に困ることなく、ゆったりと暮らせたらいいですね。

ページの先頭へ